向山 文也

父の影響で早くから工芸の仕事に親しみ、親戚筋に膳所焼の窯があり自然に焼物の道に入りましたが、文様の仕事に出会い極める為に益子に移り住みました。装飾方の一つでもある連続した点模様は洋裁道具のルレットを使います。色々な道具を用い自由に楽しみながら新しいデザインを考えます。修行した窯が茶陶窯でありましたので茶入れ・茶碗・水指も作ります。

陶歴

1960年
東京に生まれる
1983年
日本大学法学部卒業
1984年
京都府立陶工訓練校卒業 萩焼窯元十五代板倉新兵衛氏に師事
1985年
滋賀県膳所焼窯元にて作陶
1990年
栃木県益子町に工房M's Placeを設立
1993年
栃木県烏山町(現・那須烏山市)に工房を移築

ギャラリー

過去の展覧会

第24回 向山文也展

2024/04/20〜05/09

水潺潺 みずせんせん

2023/08/26〜09/07

第23回 向山文也展

2023/04/22〜05/11

第22回 向山文也展

2022/04/23〜05/12

第21回 向山文也展

2021/04/24〜05/13

第20回 向山文也展

2020/04/25〜05/14

第19回 向山文也展

2019/04/20〜05/09

第18回 向山文也展

2018/04/21〜05/10

第17回 向山文也展

2017/04/22〜05/11

第16回 向山文也展

2016/04/23〜05/12

第15回 向山文也展

2015/04/25〜05/14

第14回 向山文也展

2014/04/19〜05/08

第13回 向山文也展

2013/04/20〜05/09

第12回 向山文也展

2012/04/21〜05/10