マーガレット&ディビット フリス

益子にて滞在・制作したイギリス人陶芸家夫婦の作品展示と販売を行っています。

陶歴

ディビットとマーガレットはイギリスの芸術大学で出会い、陶芸家デレク・エムズに師事し、東洋の伝統に触れました。
二人は地元の伝統を利用して、ウェールズに陶器事業を設立しようと試みました。最初の数年間は経済的に困難で、ろくろを持っていなかったため、全てを手作業で作るか、プレス成型をしなければなりませんでした。
その後、彼らは古いバックリーホイールを入手して復元し、酸化石器を製造しました。 地元工場からの廃棄物を含む地元で調達された粘土を使用して、ワックスレジストと釉薬で装飾された還元石器を作りました。
1970年代、夫妻は自宅とワークショップをノースウェールズのデンビーにあるブルックハウス陶器と呼ばれる古い製粉所に移し、サマースクールや学生向けのワークショップを続けます。 彼らは海外で講義を行い、ヨーロッパ、アフリカ、インド、アメリカ等でワークショップを開催。
2000年、日本文化における陶磁器を学ぶため、益子で5週間滞在し、ワークショップを行い、東京と益子で展覧会を開催致しました。今回は益子でワークショップを行った作品も一部展示しています。
二人は40年以上にわたり、英国ウェールズの田舎で家族を養い、廃墟となった建物を修復しながら、共同生活を送り、今もなお作陶されています。

ギャラリー

販売中の作品

素材にこだわり、釉薬にこだわり、造形にこだわり、意匠にこだわり、焼成にこだわる。
陶庫では作家の創造性を尊重し、洗練された作品の展示販売を行っています。

*こちらに掲載された作品は、全てオンラインショップでご購入頂けます。
*取り扱い作品の一部を掲載しています。その他の作品につきましてはお気軽にお問い合わせください。

img-fluid

【マーガレットフリス】花瓶

img-fluid

【マーガレット フリス】蓋物

img-fluid

【マーガレット フリス】湯呑

img-fluid

【ディビット フリス】ピッチャー

img-fluid

【ディビット フリス】プレート

img-fluid

【ディビット フリス】ジンジャージャー

img-fluid

【ディビット フリス】蓋付きスープ碗B

img-fluid

【ディビット フリス】蓋付きスープ碗A