水野 正善

私の窯は通称「いってこい窯」で灯油と薪の両方使えます。長い間白釉の窯変を追求してきました。窯焚きで緑色になったり時にはピンクになったりもします。この頃は象嵌や火襷もやります。酒を好みウィスキーカップやぐい呑を作ります。形は使いやすことを気に掛けております。

陶歴

1966年
舞台芸術学院卒
1974年
成井恒男氏に師事
1978年
益子町七井に築窯す
1992年
栃木県美術展奨励賞受賞

ギャラリー